腰痛の原因と解決策

腰痛の原因の90%は原因不明

腰痛の原因と言えば、ヘルニア脊柱管狭窄症変形性関節症などが挙げられます。もしくは内臓から、またはストレスなどの心因性が原因とも言われます。では、あなたの腰痛の原因は一体何でしょうか?

整形外科的見解は?

腰痛で整形外科に行けば、レントゲンを撮ります。レントゲンで分かる原因は骨の異常のみです。ここで異常が見つかれば変形性関節症など骨の異常の病名で確定診断されるワケです。※しかし、その原因とあなたの腰痛の真の要因と必ずしも一致するワケではありません!こちらは後述します。

レントゲンで何も異常がなかった場合はMRIやCTという画像診断に頼ることになります。こちらは大掛かりな機器のため一般的なクリニックには置いておらず、大病院か画像診断専門のクリニックへ紹介されます。MRIやCTで分かる原因は椎間板など軟部組織の損傷神経の障害です。ここで異常が見つかれば、ヘルニアや脊柱管狭窄症と確定診断されます。こちらも同じくその原因とあなたの腰痛の真の要因と必ずしも一致するワケではありません!

画像所見とあなたの腰痛の原因の一致度合いは?

病院にかかり画像で異常が見つかっただけで、それがあなたの腰痛の真の原因とは限りません。なぜなら、それが原因となるなら方法は一択、手術しかないからです。では、なぜ整形外科医は手術しか方法がないことを伝え手術をしないのでしょう?なぜ、痛み止めの注射や薬で遅延行為をするのでしょう?

それは単純に手術の成績が良くないからです。仮に100%手術が成功し、術後から痛みから解放され何不自由ない生活ができることならばどの医師でも手術を推奨することでしょう。しかしながら、現実はそんなことはありません。一定数良くなる方もいますが、痛みが変わらないどころか動きも悪くなるケースもあるからです。

整形外科的見解とあなたの腰痛の整合性は?

おそらく腰痛が酷ければ整形外科に行くことが第一選択になるでしょう。しかし、あなたが受けた腰痛の診断と、実際の腰痛の整合性はいかがでしょうか?以下に記載する事象は、今すぐ実践できることなのでぜひ整合性を調べてみてください。仮に整合性がないのならば、あなたが受けた診断結果を疑い治療方法を改善すべきです。

  • 痛みの度合いは変わらずいつも一定している
  • 雨の日や冷える日でも痛みが酷くなることはない
  • 晴れた日やゆっくりできる日でも調子が良くなることはない
  • 痛みが楽な日や辛くなる日など変化がない
  • 立っていても座っていても痛みは変わらない
  • 朝起きがけでも日中でも晩でもいつも痛みは同じ
  • 立ったり座ったりなど動作で痛みが変わることはない 

さて、上記7項目を挙げてみましたが、あなたの腰痛と比べていかがでしょうか?どれも合致するのであれば、骨や軟部組織の異常で間違い無いかも知れません。しかし、そうでない(日によって痛み度合いが変化する)場合、骨や軟部組織の異常で無いことが濃厚です。なぜなら、骨や年部組織など形質的な異常であれば、痛みが日々変動することがおかしいからです。

変形して痛みが出ている、あるいは椎間板が突出して神経を圧迫しているから痛みが出ている。そうであるならば、常にそういう状態なので痛みに変化が出ることが説明できないことになります。つまり、そのような腰痛の場合は手術をしても効果が少ないことがほとんどです。

ちなみに整体師が謳っているからだの歪みが痛みの原因というのもこちらと同じ内容です。

では形質的要因ではない腰痛の原因は?

腰痛でも痛みに変化がある(日中動いてる時はマシでも朝の起きがけや夕方が痛いなど)場合、ほとんどの原因は筋肉にあります。それは聞いたことあると思った方もおられるかも知れません。それは知っていてもう筋トレなどを始めているという方も少なくないでしょう。しかし、ここでいう筋肉が痛みの原因とはそのような内容とは全く違います。

腰痛の原因で良く耳にする筋力不足でも全くありません。つまり腰痛に筋トレは全くの無意味どころか、むしろ逆効果です。もし仮に筋力不足が原因で腰痛が起こっているとしたら、なぜ筋骨隆々のアスリートでも腰痛が起こるのでしょうか...?筋肉量の少ない子どもにはなぜ腰痛が起こらないのでしょうか...?

こちらも説明することができませんよね。あちこちで腰痛の原因は?と解いてる記事は多いですが、疑えば解説できない問題がほとんどです。辻褄がどれも合っておりません。完全に腰痛の原因と整合性が取れる要因は、あくまで筋肉の状態です。

筋肉の硬化が腰痛の90%の原因

筋肉の硬化が腰痛の原因だとすれば、痛みに変化が起こることも説明がつきます。つまり、血流のいい時は痛みが比較的マシになり、逆に血流が悪化する時には痛みが悪化することになります。

筋トレが逆効果という前述の意図もここにあり、硬化してしまっている筋肉を逆に酷使することになるため悪化を招く要因となります。アスリートなど筋肉量が多い人でも、筋肉の状態が硬化してしまっていれば腰痛も起こるワケです。

つまり、あなたを苦しめる腰痛の唯一の改善策は筋肉の硬化をとり柔軟な筋肉へ変えてあげることになります。

からだの歪みも筋肉の硬化が原因

先ほども少し触れましたが、整体師がよく言う『痛みが起こる原因はからだが歪んでいること』つまり、解決するには骨盤矯正や姿勢矯正をしましょう。という謳い文句はよく聞くことかと思います。しかし、これは全くの間違いで、むしろ原因と結果が逆です。答えは、『筋肉の硬化で痛みが起こるから、からだを歪めて楽な姿勢をとっている』です。

筋肉は伸ばすと痛みが和らぐ習性があります。つまり腰を曲げているとストレッチがかかり楽な状態になります。猫背も同じメカニズムで起こります。背中の筋肉が硬化していると猫背、つまり背中の筋肉をストレッチして楽な状態をとっているのです。

これも方法は同じく筋肉の硬化をとれば、からだを歪める必要がなくなります。

動作で痛いのか同じ姿勢で痛いのか

立ったり座ったり、重たいものを持ち上げたり、など動作で痛みが出る場合は表層の動作に関連する筋肉が痛めているケースが多いです。どのような動作でどこが痛いのか、運動検査により特定できます。その痛めている筋肉の硬化を改善できれば腰痛はなくなります。

ただし、痛みをかばっている状態が長く続くと、最初に痛めている筋肉だけではなく、他の筋肉に頼るようになりやがてその部位も痛めるようになり、硬化する筋肉が広範に及ぶようになります。こうなると施術期間は長期に及びます。早めに施術することで早めの改善が可能になります。

 

次に同じ姿勢、立ちっぱなしや座りっぱなしで起こる腰痛は、深層の姿勢を保持するインナーマッスルと呼ばれる筋肉が痛めているケースが多いです。

この腰痛は運動検査で痛めている筋肉を特定することが困難ですが、どこに鈍痛があるか、どのような痛みが出ているかなどの問診で特定することができます。

筋肉を施術する際に、特定した悪い部位に当たると、日々感じている痛みが発現します。その反応がなくなれば、同じ姿勢で起こる腰痛も改善できます。

筋肉の状態は触診でしか分からない

整形外科では筋肉の状態を分析することができません。筋肉の状態を知る画像診断機器がないからです。当院では筋肉に特化した施術をしているため原因筋肉の特定、分析には自信を持っています。今、腰痛を解決して痛みに苦しむことない人生を送りたい方はぜひご相談ください。

 

Copyright© 玉造・森之宮で開業9年たきた整骨院・鍼灸院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.