交通事故治療(自賠責保険)

☑何からしたらいいのか分からない!

☑このままで治るの?

☑慰謝料はどうすればいいの?

交通事故はほとんどの方が初めてで何をどうすればいいのか分からなくて普通です。当院では交通事故治療の実績が多数あります。交通事故の施術はもちろん、整形外科の医師との提携、交通事故専門の弁護士との提携、損保会社とのやり取りなど、全てお任せください!

交通事故に遭ったらまずは当院へご相談ください!(相談無料です)

交通事故に遭うと損保会社が間に入り手続きが進められるのが通常です。しかし、まともな治療が受けられない痛いところがあっても事故との因果関係がないと受け入れてくれない慰謝料も納得できる額がもらえなかったなど、数多くの相談を受けることがあります。ですので、初期対応が一番重要になってきます。

交通事故の後の流れ

①まずは整形外科での診断

自賠責保険で治療を進めるためには医師の診断が必要になります。ここでも交通事故の症例を多く扱う医師でないと初期対応が十分に受けられません。事故直後は気が張っており痛みを感じにくくなっています。ですが、ここで痛めている部位の証言をしっかり行わないと、後で痛みが出てきても損保会社は事故との因果関係がないと認めてくれないケースがあります。その場合は自費で治療にかかる必要があります。

当院では交通事故の取り扱い実績豊富な整形外科と提携しておりますので、事故の度合いや精密な検査により、現状痛みが起こっていないくても損傷している部位まで正確に診断していただけます。これにより痛みが増えてきたり、別の部位に痛みが出てきても保障内で治療を受けることが可能になります。

②当院での施術

整形外科での診断を受けた損傷部位を当院で施術を受けることができます。整形外科では湿布や痛み止め、電療など医師の処方でできることが限られてしまいます。交通事故のむち打ちなどは筋肉の損傷が原因となります。筋肉の施術に特化した当院へお任せください。

自賠責保険では保険医療機関しか認められておらず整体院などでは治療にかかることができません。治療にかかりたいけど遠い、仕事との兼ね合いで治療の時間が取れないなど、そのような問題もぜひご相談ください。

 

③弁護士に依頼

加入されている保険に弁護士特約があれば損保会社とのやり取りが無料で任せることが可能になります。加入がなければ当院がサポートさせていただきます。治療に通う前に整形外科と当院に通院する旨をお伝えするのみで結構です。症状経過など聞かれることもあるかと思いますが、医療機関(当院か整形外科)へお問い合わせいただくようにしてください。

治療が終了後に慰謝料などの請求になります。慰謝料の請求に関しましても損保会社基準と弁護士基準と額が全然違います。まともな費用を請求するためにも弁護士を入れることをお勧めいたします。弁護士特約がなくとも請求額と手数料を差し引き、入れた方がメリットがある場合のみでも結構です。

また通院にかかった交通費、通院のために仕事を休んだ休業損害なども請求が可能です。ですが、これも知っておかないと請求できません。その他にも保険内で受けられるものは多くあります。遠慮なくご相談ください。

最後に

当院では保険診療の他、自費診療も行っておりますが、その痛みの原因で多いのが過去の交通事故の後遺症です。事故の損失から一か月で治療を打ち切られた...、病院では湿布の処方と電気だけで治らなかった...、など初期対応から治療終了までちゃんとした流れを組んでいれば救えたケースが数多くあります。そのために整形外科、弁護士、損保会社との連携を重要視しております。

交通事故は生涯のうち何度も経験するものではありません。そのためにしっかりとした処置が重要になります。まずは当院へご相談ください。相談は無料です。

 

 

 

ご予約・お問い合わせはこちらからお願いいたします。(お電話・LINE・メール)

 

Copyright© たきた整骨院/鍼灸院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.