Tap to close

薬の功罪

電話06-6761-7053大阪府大阪市中央区玉造2-18-3

たきた整骨院たきた整骨院

薬の功罪

功罪とは、功績と罪過という意味で、

いい点も悪い点も合わせ持つという意味です。

薬の功績はみなさんご存知でしょう。

産まれてから薬飲んだことない人って

現代社会ではなかなかないでしょう。

 

有名なところではアレルギーによる

アナフィラキシーショックを防ぐステロイド剤、

これがないと下手すれば死に至ります。

 

他には感染症などが功績です。

ウイルスには効きませんが、

特定できる菌にはとても有効です。

では罪過はというと…、

そこまで知られてませんよね。

 

知っておくべき知識ですので、

簡単にご説明いたします。

 

その代表例が糖尿病です。

とても多い病気で進行するに従い、

数多くの合併症で苦しむことになります。

私の母方の祖母も糖尿病で亡くなりました。

 

イメージとしてはどうでしょう?

怖い病気?

治らない病気?

 

それは現代での話です。

過去は治す成績が良かったのです。

これが薬の罪過になります。

 

糖尿病は血糖値を下げるホルモンの

インスリンが効かなくなり糖が溢れて

尿に出るという病気です。

 

内蔵は血糖値が高すぎると機能しなくなり、

数々の合併症が起こります。

つまりインスリンが出ないことが原因とされています。

 

ですから今はインスリン製剤を使用し、

血糖値をコントロールしています。

この薬の売れ行きはすごいです。

 

遠い昔は糖尿病に対し、

厳密な食事指導がひかれておりました。

砂糖を筆頭に糖が原因であると分かっていたからです。

 

医師に糖尿病治療のガイドラインが渡され、

その初版には徹底した食事指導と記載がありました。

その結果、入院生活で回復率はかなり高くなりました。

 

しかし、それから時代が過ぎ、

ある製薬会社がインスリン製剤を開発しました。

 

それから糖尿病の治療を導く糖尿病ガイドラインから

食事指導が消され、インスリン製剤の使用により血糖値のコントロールとされました。

それが現代にも続いているワケです。

 

回復率の高かった糖尿病が、

薬の登場により難病へと変わっていきました。

これが薬の罪過と私は考えております。

 

もちろん、食事指導もたやすい道ではありません。

薬を使って楽に血糖値を下げて、

甘い物(砂糖など)をやめない人もいるでしょう。

個人の選択は自由ですから。

 

しかし、その原因を知らなかった方、

知識としてあったら実践していた方、

ちゃんと原因を理解して治したい方、

 

当院はそんな方のために力を注いでいきます。

 

余談…、

本音を言えばそんな治療とも呼べないような現代医療にだけ

保険が適用されてそれ以外は自費診療っておかしくないですかね?

我々が志す方がまともな医療と呼べると思うんですが…

 

亡くなった祖母も当時は私は高校生でしたから、

こんな知識もありませんでした。

今だったら救えたかも知れません。

 

祖母は愛媛でしたがそこでは

どの料理でも隠し味に砂糖を入れることを

私が大人になって知りました。

また砂糖菓子のようなものも大好物でしたから。

 

私が伝えたところでどういう選択をしていたかは

知る術はありませんが、

健康より大切なものがあるでしょうか…。

ご予約・お問い合わせ

  • 電話06-6761-7053
  • ネット予約
  • たきた整骨院LINE@
  • 営業時間