Tap to close

インフルエンザ対策に必要な知識

電話06-6761-7053大阪府大阪市中央区玉造2-18-3

たきた整骨院たきた整骨院

インフルエンザ対策に必要な知識

年末ぐらいからインフルエンザが流行を始めました。

患者さんの中でも薬剤師の方がおられますが、

やはりかなり増えているそうで、

インフルエンザにかかっておられました…。

 

インフルエンザの対策はいかがされていますか?

手洗い、うがい、マスクぐらいですかね?

残念ながらそれは有効ではありません。

 

それではワクチンはどうでしょう?

知識をつけたいあなたのための内容になっております。

 

インフルエンザウイルス

インフルエンザはウイルスによる感染です。

ウイルスや細菌はよく聞くことはありますが、

違いを理解されている人は少ないのではないでしょうか?

細菌とウイルスの違い

細菌は生物であり自己増殖ができます。

また抗生物質が効くため適切な処方で効果が出せます。

 

一方、ウイルスは生物ではなく化学物質です。

生きた細胞に寄生して増殖する形になります。

この特徴から抗生物質はおろか薬がほとんど効きません。

 

インフルエンザウイルスはRNAと呼ばれる種類で、

宿主に感染しては変異を繰り返すため、

ワクチンも作りにくい、効果が期待できないものです。

 

ウイルスでもDNA型のようなB型肝炎ウイルスなどは

変異しにくいためワクチンが作りやすく有効かと思います。

 

あとはレトロウイルスというHIVウイルスがありますが、

これがまた恐ろしく遺伝情報を逆転化し、

細胞の一部に変わるというとんでもないウイルスもあります。

 

少し話が脱線しましたが、

RNAウイルスである特徴をもつインフルエンザウイルスは、

ワクチンの効果はほとんど期待できるものではありません。

 

インフルエンザウイルスの型

インフルエンザが流行りだすと

良く耳にするH3N2型みたいな

新幹線の名称みたいなのがありますね。

 

こちらはインフルエンザウイルスのトゲの本数で決まります。

Hというトゲは細胞に取りつく際に使われるトゲで、

Nというトゲは細胞から切り離すトゲになります。

 

このトゲを利用して細胞にくっついては切り離し、

寄生しては増殖するを繰り返すという戦略です。

Hのトゲの本数と、Nのトゲの本数の数を単純に表した型になります。

 

また、A,B,C型の分類はこれを大きく分けたものになります。

A型は変異しやすく大流行を起こすもの、

B型は変異しにくいものに分けられています。

 

C型はあまり聞かないと思いますが、

一般的な季節性のイメージと違い、

年中かかる可能性のあるウイルスになります。

 

ウイルス感染を防ぐには?

残念ながらこれといった方法はありません。

集団生活を営む上でのデメリットが感染症です。

感染を避けたければ人ごみを避けるしかありません。

 

また感染者と接触があった場合は、

ほとんどかかっていると認識してもいいでしょう。

自己免疫で抑制できている場合がほとんどです。

 

それぐらいインフルエンザウイルスの感染力は強いです。

手洗い、うがい、マスクで防げるレベルではありません。

それほどウイルスは小さく感染経路をこじ開けてきます。

 

最後の砦となるのが自己免疫です。

 

ウイルスをやっつけてくれる働きをも免疫は、

就寝中やリラックス時にしか働くことができません。

いつも緊張状態にあったり、ストレス環境下にあると

インフルエンザウイルスに罹患しやすくなります。

 

次に基礎体温です。

36.6度以上ないと免疫系統は働くことができません。

ウイルスの感染すると体を震わせ発熱を起こします。

 

この働きによりウイルスが増殖できなくなり、

その間に免疫がフル稼働して撃退するワケです。

あれ?でも病院行ったら解熱剤もらいますけど?

 

それは、熱が出てしんどいから下げましょっていう程度です。

でも、下げたらウイルスは増殖してしまいますよね。

それはその通り。

 

早くやっつけて復活したかったら、

解熱剤は飲まないのが一番いいです。

しんどいですけどね。

 

あとは栄養欠乏により粘膜が弱っていないか。

感染経路の防御線がこの粘膜になります。(口とか鼻の)

これが弱っていると感染しやすくなってしまいます。

 

そのためにお肉や魚などのタンパク質、ビタミンA、

あとは海藻、それから日光浴を心がけてください。

 

最後にかかってしまった時の対策法

感染症は確かにつらい症状を出すもので、

しんどいし学校や仕事に影響を出すかも知れません。

 

それでも自己免疫がある限り、

撃退することが可能になります。

 

前述の通り撃退するための免疫を働かせるためには

とにかく睡眠

また熱を出すために寒気を感じて震えて熱を産生します。

そのためにしっかり温かくして布団にくるまってください。

 

食事はしない

体力をつけるために食事とか言う方もおられますが、

食事は免疫活動中は必要ありません。

それどころか逆効果になります。

 

食事は避けてください。

むしろ食欲なんかわかないでしょ?

 

水分補給はしっかり

食事はしなくとも水分補給は必要です。

免疫系が働くためにも水分は必要です!

 

水を飲み過ぎると胃がつらくなることがあります。

その場合は、水に塩とレモン汁を入れると飲みやすくなります。

即席清涼飲料水です。

 

アク〇リアスやポ〇リなどは成分上

体にはよろしくないので避けるべきです。

 

嘔吐や下痢は?

場合によっては嘔吐や下痢が出ます。

これも体外にウイルスを排泄する大切な作用です。

つらいけどしっかり出し切っちゃいましょう。

 

出すということは次の人への感染経路にもなります。

処理にはくれぐれも気をつけてください。

 

以上です。

寒い冬も楽しく行きましょう!

ご予約・お問い合わせ

  • 電話06-6761-7053
  • ネット予約
  • たきた整骨院LINE@
  • 営業時間