Tap to close

朝起きた時に体が痛い理由とは?

電話06-6761-7053大阪府大阪市中央区玉造2-18-3

たきた整骨院たきた整骨院

朝起きた時に体が痛い理由とは?

朝起きた時体が痛い」という方は非常に多いと思います。

当院に来院される患者さんの中でも良くお聞きする症状ではあります。

ではそのような状態になる原因と解決法をご説明いたします。

1.朝起きて体が痛いのは夜寝ているから

「起きて体が痛いのは夜寝ているから」これが痛みの起こる原因です!

つまり、こういった寝起きに痛む場合は寝なければ大丈夫なんですね。

といってもそんなワケにはいきませんよね(笑)

 

ですが、体が起きた時痛い原因は就寝にあるのは事実です。

 

これも自律神経の働きで調整されているのですが、

日中、起きて体が活動している状態の時は、

体を動かす必要があるために筋肉に主に血流がいきます。

これが交感神経優位の状態ですね。

 

反対に就寝時は体を動かす必要がないために

筋肉にはほとんど血流がいきません。

体の修復や内臓などに主に血流がいくようになります。

これが副交感神経の働きです。

 

つまり日中症状が出るまでひどい状態ではないけれど、

潜在的に悪い部分があると、就寝中にさらに血流が悪くなり、

朝起きた時は血流が悪いために筋肉がスムーズに動かず痛みが出るのです。

 

2.それでも治療に通わない

ですが、朝起きた時に体が痛いからといってそれだけで治療に通う方は少ないです。

「それはなぜでしょうか?」

朝起きた時に痛い症状をお持ちである方は特に分かると思いますが、

起きて動いていると症状がなくなってしまうから」です。

 

これも前述した交感神経の働きで、

寝起きで体の悪いところはさらに血流が悪くなっていますが、

活動するにあたって筋肉に血流がいくようになると痛みは消えていくのです。

 

3.起きた時の痛みをほっておくとどうなるか?

これは非常に大事ですね。ぜひ知っておいて欲しい事です。

ケアで来られる患者さんでも特に多く、警告を繰り返すのですが

動いているとマシになるのでそこまで聞いてくれません。

 

ですが数日から数か月ぐらいすると形相変えて来院されます。

そう、起きた時の痛みをほっておくと…、

「寝違え」もしくは「ぎっくり腰」になります!

「ぎっくり腰」の画像検索結果

この記事を読んでいる方の中でも経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

寝違えやぎっくり腰が起こる原因も分かりますよね?

潜在的に血流が悪い状態で、

夜寝て筋肉に行く血流が少なくなり、

朝起きて動き出す時に血流がないため、

筋肉が働けずに「ブチッ!」っといってしまう…。

 

こういった問題が積み重なって、寝違えやぎっくり腰は起こります。

だから、寝違えやぎっくり腰はいきなり起こるワケではないんですよ!

ずっと前から「起きた時に痛い!」という体からの警告を無視してきた結果起こります。

 

かけがえのないあなたの大切な体ですから、

ムチ打って無理して使ってきたら悪くなって当然でしょう。

そうなる前にしっかりいたわってあげて休息させてあげましょう。

 

4.起きた時に痛いのは枕やベッドのせいじゃない!

ここまで読んでいただいたあなたは原因が理解できたかと思います。

そんな中でとっても多い勘違いがこれ!

「枕が合わない…」とか「ベッドが悪いから…」

いやいや!今まで普通に寝てましたやん!って突っ込むところでしょ(笑)

 

それで百貨店なんかにいくと高級な枕やマットレス、

またオーダーなんかで作られる寝具がいっぱいあるワケです。

それに変えると一時的には楽になりますよ。

ですが時間の経過とともに同じ症状がぶり返してきます。

 

一時的に楽になる理由もついでにご説明しておきます。

就寝時は筋肉にいく血流は少なくなることは何度も述べました。

さらに寝ている時には体の内側にある骨と、

下にあるマットレス及び布団の間に悪くなった筋肉が挟まれます。

「寝ている時 骨の状態」の画像検索結果

これがまた長時間に及ぶと硬すぎたり、

反対に柔らかすぎてそこにだけ体重がかかると痛みが出てきます。

上等なマットレスなどは体重が分散されられるので一時的に痛みは緩和されます。

 

ですが、本当に悪いのは寝具ではなく、あなたの体および筋肉です。

筋肉がいい状態であれば別に硬いマットでもどこでも寝られるワケです。

赤ちゃんや子どもなんか見てたらよく分かりますよね?

ようそんな寝相で寝れるなって思いません?(笑)

 

5.起きる時の伸びを有効につかう

起床時間に向かうにつれて寝返りとともに

よく伸びって無意識のうちに起こりません?

あれも体を休めている副交感神経の状態から

活動するための交感神経に切り替えるスイッチでもあります。

 

簡単に説明すると全身のストレッチになるんですね。

ストレッチを起こすと筋肉が伸ばされて、

緩めた時に血流が一気に流れ出します。

そうすることで徐々に血流が筋肉に行き始めるワケなんですね。

 

ですがこれも筋肉の状態が悪い方にいたっては問題がありまして…、

伸びしたときに血流が悪い部位(ふくらはぎなど)がつってしまうんですね。

ストレッチも血流がいい状態でやれば問題はないのですが、

血流が悪すぎると筋肉のエネルギー不足によりつってしまいます。

これも辛いところではありますがまずはいい状態に戻さないといけませんね。

 

6.クーラーによる冷え過ぎにも注意

ここまでくれば血流が非常に大事なことが分かると思います。

この時期は暑いですからクーラーもつけっぱなしになります。

そうなるとこれまでに説明した状態から、さらに拍車をかけて血流が悪くなります。

 

対症療法にはなりますが、腰が悪い場合は腹巻、

首や肩が悪い場合はハイネックなどで冷気による冷えを防ぐのも一つの手です。

 

7.解決法は血流をよくすること!

これらの状態を良くするためには血流をよくすることしか方法はありません!

血流とは心臓からいい血液を全身に送り、

また老廃物を心臓に返すことです。

 

心臓からは血圧を使って全身に勝手に送ってくれます。

この効果を生かすためにも軽度な運動は必要ですね。

 

反対の老廃物の運搬には、柔軟な筋肉が大切です。

筋肉がコリ固まっているとこの作用が起きません。

前述の通り、固まっている筋肉にストレッチは逆効果です!

 

当院のように筋肉治療を専門にしている治療院に行くのがてっとり早いですが、

悪いところを丹念に揉んでいくというのも時間はかかりますが有効です。

またセルフケアの方法なども動画を使ってお伝えしていきますね。

ご予約・お問い合わせ

  • 電話06-6761-7053
  • ネット予約
  • たきた整骨院LINE@
  • 営業時間