治療の選択肢 | 玉造のたきた整骨院    
Tap to close

治療の選択肢

電話06-6761-7053大阪府大阪市中央区玉造2-18-3

たきた整骨院たきた整骨院

治療の選択肢

無月経(1年間)の患者さんが来られており、
数回の施術で無事、生理が始まりました。
もしあなたならどんな治療を選択しますか?
                           
「たきた整骨院へ行く」という選択肢は
一般的ではまだないでしょうから、
普通は産婦人科とかでしょうかね。
                           
病院の治療は薬しかありませんから、
当然ホルモン剤などの治療になります。
『生理を起こすだけ』が目的ならいいでしょう。
                           
本当にそれでいいんでしょうか?
臓器の気持ちになって考えてみましょう。
あなたも仕事をした経験があるなら分かります。
                           
適切な環境下(暑くも寒くもない)=体温36.6度
水分も食事もある=血流と栄養素
週休2日=自律神経(交感神経と副交感神経)
                           
こんな仕事環境であれば普通に働けますよね。
ですがこれらが与えられなかったらどうでしょう?
寒すぎる(低体温)、水分・食事なし(血流・栄養不足)
休みなし(交感神経優位)
                           
働く気失せません?というか働けませんよね。
それがいわゆる無月経という症状になります。
そんな状態でホルモンを入れるとどうでしょう。
                           
過酷な環境下でムチ打って働かないといけません。
ホルモン剤で強制的に働かされるワケですから。
それが長期的に続くとどうでしょうか。
                           
当院では交感神経優位状態をまず改善し、
副交感神経が働ける環境を施術でもっていき、
組織の再生に必要な栄養素を与えます。
                           
さらに光線療法で深部体温を上昇させ、
時間の経過とともに基礎体温を上げます。
そして環境が整うと働いてくれるもんなんです。
                           
症状のみにフォーカスすると
後に大変になることも多々あります。
体の状態を読み取ることが適切な処置になりますね。

ご予約・お問い合わせ

  • 電話06-6761-7053
  • ネット予約
  • たきた整骨院LINE@
  • 営業時間