Tap to close

糖化の兆候

電話06-6761-7053大阪府大阪市中央区玉造2-18-3

たきた整骨院たきた整骨院

糖化の兆候

からだは食べた物で作られます。
厳密に言うと食べて吸収されたものです。
消化器系が働いていないと吸収されません。
                           
そのためにも続けてお話した自律神経の
副交感神経を働かせる必要があります。
交感神経優位では消化器系は働きません。
                           
自律神経が正常に活動していても
糖質摂取が過剰に進むと筋肉が固くなります。
ビタミンB群の不足によるものです。
                           
これが慢性的に進むと皮膚上にも
糖化の兆候が現れます。
外見からも確認できるところがあります。
                           
まずは頭頸部の皮膚湿疹です。
発赤してかゆみが起こります。
                           
さらに糖化が進むと背中全体に現れます。
シミやくすみに加え湿疹も起こります。
                           
この状態で根本治療は不可能です。
もちろん対症療法は可能ですが。
あらゆる痛みや症状はからだの修復工事で起こります。
                           
炎症作用で工事の作業員が集まってきても
からだの資材がないと工事は進みません。
これが糖化による慢性疼痛の原因です。
                           
ですがこの現実を説明しても、
受け入れて改善する人は極端に少ないです。
どこまでの改善を希望するかは人それぞれですからね。

ご予約・お問い合わせ

  • 電話06-6761-7053
  • ネット予約
  • たきた整骨院LINE@
  • 営業時間